低血圧と貧血は同じようで違う|低血圧改善のための効果的レシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加   

怠け者扱いされないために

・朝起きるのがつらい、何となくフラっとする、顔色が悪いなど、病気なのか不安
   になることありませんか?よくに女性に見られる症状です。
・原因がはっきりしないので、対処法も分からない方が大半です。
・低血圧なのか貧血なのか、区別もつきにくいです。
・怠け者呼ばわりされる屈辱を味わいたくなければ、まずこの2つを理解することが
   最優先です。

低血圧と貧血の分かりやすい違い

低血圧と貧血は同じように捉えられがちですが、同時に症状が出ることはあっても全くの別物です。

 

低血圧だから朝が苦手、貧血だから起きられないと一緒にしてしまうのは間違いです。貧血と低血圧の違いは血液中に含まれる「赤血球やヘモグロビン」の量によって決まります。

 

貧 血貧血酸欠状態で体に酸素を運ぶ赤血球やヘモグロビンの不足で脳まで酸素が十分に回らなくなること。

 

低血圧低血圧血液中の赤血球やヘモグロビンはまったく正常で、血液を送り出す心臓のポンプ力が弱いこと。ただ、血圧を維持していくための末梢血管の緊張が緩んでいると血圧が下がってしまい、脳に酸素が回らなくなることもあります。

 

 

いずれも、症状としては、頭痛やめまいが起きるために、同じだと思われがちです。

 

ですから、低血圧だから貧血になるとは限りません。また、貧血の人の血圧が必ずしも低いとも限りません。稀に同時に症状が出る人もいますが、その場合は症状が強いでしょう。

 

低血圧とは

まず、血圧とな何でしょうか?よく受診した時に血圧を測りますが、その数値で血圧が高いとか低いとか言いますが、それには理由があります。

測定

 

私たちの体の中には無数の血管が走っていて、末端の細い血管にまで血液を流し、全身の組織に血液を送り届けるには圧力をかける必要があります。

 

つまり、血液が血管内を流れるとき、血管の壁を押し広げようとする力の事を血圧と言います。

 

この押し広げようとする力が弱いと低血圧、強いと高血圧になります。単位は「mmHg」で表します。

 

心臓が収縮するときの血圧を収縮期血圧(最高血圧)といい、拡張するときを拡張期血圧(最低血圧)、収縮期と拡張期の血圧の差を脈圧といいます。

 

 

 

厚生労働省の定義

 

低血圧の場合、では、最高血圧が90mmHg以下としてしています。
しかし男女で分けて、男性が105mmHg以下、女性では100mmHg以下を低血圧とする考え方もあり、一概にどの数値とは言い切れないものもあります。

 

と言うのも、高血圧には世界保健機関(WHO)等による国際的な基準がありますが、低血圧にはこのような基準は現在無いからです。

 

運動運動直後など心臓がドキドキとしている 運動 平常のときよりも血圧は高くなる

 

これは動脈の血圧は、心臓の拍動をエネルギー源としているので、心臓の収縮、拡張にともない上下するからです。

 

また、血圧はからだの部位によって数値が異なりますので、血圧を測定するときは常に決まった部位で測る必要があります。

 

低血圧の種類

 

低血圧には大きく分けて3つの種類があります。

 

本態性低血圧

これは、原因となる病気がとくにないのに、立っていても横になっていても、常に

朝が苦手

 

血圧が低く、めまいや立ちくらみ、全身倦怠感などいくつもの症状があり原因が特定できない場合です。

 

よく「低血圧だから朝が苦手なのよ・・・。」といった一般的な低血圧のイメージがこれです。

 

起立性低血圧

これは、横になったり座ったりしているときは正常な血圧ですが、急にからだを起こしたり、立ちあがったりしたときに血圧が下がり、めまいや立ちくらみなどを起こす場合です。

 

原因となる病気がない場合→本態性起立性低血圧

低血圧

 

原因となる病気がある場合→症候性起立性低血圧

 

例外=高血圧症の人のなかにも、立ち上がったときに大きく血圧が低下する起立性低血圧をともなう人も少なくありません。

 

注意=高齢の方は、もともと血圧の変動が大きく、立ち上がったときに急激に血圧が下がり、それにともなって起こるめまいや立ちくらみが、転倒、骨折につながると指摘されています。

 

転倒

 

 

また、高血圧の治療薬(降圧薬)を服用中の方に、起立性低血圧が起きる場合もありますのでご注意ください。

 

症候性低血圧(二次性低血圧)

何らかの病気が原因で血圧が低くなっている場合を症候性低血圧(二次性低血圧)といいます。原因になっている病気をつきとめ、その治療を行うことが必要です。

 

また、食後性低血圧というものがあり、これは、食後に血圧が低下することで、

食後


めまいや肩こり、頭重、全身の倦怠感などさまざまな症状が現れます。ときには失神することもあり、転倒、骨折の危険性も指摘されています。食後性低血圧は食事性低血圧ともいわれています。

 

check脳貧血は貧血とは違います。

 

脳貧血は、低血圧でよくみられる症状の一つの、急に立ち上がったときに起こる立ちくらみや、長時間立ったままなどにクラっとすることを言います。

 

脳貧血

よく、学生が朝礼で倒れることがありますよね。まさしくそれが脳貧血です。

 

これは下半身に血液が流れることで、脳内の血液が少なくなってしまうために生じることですので、本来の全身の赤血球やヘモグロビンの不足の「貧血」とは違います。

 

貧血とは

簡単に言うと、全身に血液を送っている血液中のヘモグロビン濃度や赤血球の数が基準値未満になって血液が薄く酸欠状態を起こすことです。

hinketu

 

そうなると多臓器・組織が低酸素状態になって、倦怠感・ふらつき・めまいなどが起こります。この症状が、低血圧と間違われやすいのです。

 

貧血という病気があるわけではありません。病名は、原因によって変わります。

 

貧血の種類

貧血という病気があるわけではありません。病名は、原因によって変わります。

鉄欠乏性貧血

いわゆる鉄分不足です。

 

鉄分不足

ヘモグロビンの合成に必要な鉄分が不足し、ヘモグロビンが十分に作られないために起こる貧血です。

 

食物から摂取しても鉄が足りないと、体中に蓄えられている貯蔵鉄から不足分が補われ、それが無くなると鉄欠乏性貧血の症状が現れます。

 

巨赤芽球貧血(悪性貧血)

ビタミンB12と葉酸の不足です。この2つは赤血球が出来るときに必要な栄養素。

 

ビタミンB12&葉酸

 

その栄養素が不足すると細胞分裂がうまくいかずに巨大化し、赤血球の前身である赤芽玉の巨大なものが作られ、赤血球になるための熟成がなされず赤血球になる前に壊れてしまい症状が現れます。

 

出来るだけビタミンB12を含む食材を摂りましょう。

 

溶血性貧血

赤血球が破壊されることを溶血と言って、赤血球が破壊されることによって起こる貧血の事を溶血性貧血と言います。

溶血

 

血液で、血球の水分の他のたんぱく質・無機塩類・糖分・脂肪・窒素化合物などを除いた液体成分の血漿(けっしょう)の浸透する圧力が極端に低下したり、細菌感染、何らかの毒素、また、アレルギー(抗原抗体反応)による場合もあって、赤血球を異物と間違って、抗体反応によって赤血球が破壊されるなどの原因で赤血球がもろくなり、120日という赤血球の寿命を向かえる前に、脾臓で取り壊された結果、血液の生産が追いつかなくなることで起こる貧血です。

 

溶血性貧血の場合は、貧血に加えて黄疸が出たり、合併症を引き起こす危険がありますので、医師の診断を受けて下さい。血液検査で分かります。

 

 

再生不良性貧血

血液をつくっている骨髄の働きに障害が発生し、血液生産量が低下して血液中の赤血球が十分に作られなくなった結果、起こる貧血です。

 

再生不良性貧血は、遺伝子異常による先天性再生不良性貧血と後天性再生不良性貧血に分けられます。

 

そしてさらに後天性再生不良性貧血は特発性と二次性(続発性)に分けられます。

 

貧血

特発性再生不良性貧血は、その名の通り原因不明の疾患です。

 

二次性再生不良性貧血の原因は様々なものが知られていて、ウイルス性肝炎は、二次性再生不良性貧血の原因の中で最も多いと言われています。

 

いずれも白血球・血小板も減少するため、細菌の感染や出血が起こりやすくなります。こちらも合併症を引き起こす可能性がありますので、医師のもとで血液検査を受ければ分かります。

 

続発性貧血

ガン、リウマチ、寄生虫、心臓・肺・腎臓・肝臓などの病気に伴って起こります。

 

妊娠によって起こる貧血も含まれます。

 

失血性貧血

急性失血性貧血と慢性失血性貧血に分類され、急性失血性貧血は、大けがをしたり、手術をした場合に、大量の出血によって一時的に赤血球を失った状態。

 

慢性失血性貧血は、胃潰瘍や痔、子宮筋腫、月経過多などで長時間にわたって少しずつ出血します。女性に多い鉄欠乏性貧血の根本的な原因は失血性貧血のケースが多いようです。

 

低血圧と貧血で間違われやすい症状

症状は人それぞれですが、間違われやすくどちらにも出る一般的な症状を

まとめてみました。

立ちくらみ 

めまい 

頭痛・耳鳴り 

肩こり・目の疲れ 

不眠・朝起きの不良 

全身倦怠感 

夏が苦手 

手足の冷え 

食欲不振 

胃もたれ 

腹痛・便秘 

動悸・息切れ 

不整脈 

意欲低下 

吐き気 

足のむくみ 

 

check低血圧と貧血は本当に似た症状です。どちらか判断出来ない時は、血液検査をすれば分かります。自己診断は禁物です。おかしいと思ったら、医師の診断を受けましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ホーム 低血圧とは 貧血とは ご利用にあたって